初回カウンセリングの活用方法

顧問団24は、主に新規ビジネスをお考えの方に、より実践的に活用いただけるよう、ご入会後、まず初回カウンセリングを行っております。

初回カウンセリングからはじまる ご利用のイメージ

初回カウンセリングでは、以下をご提供します。
1.新規ビジネスに関するお考え、目標とされている着地点(例えば法人化など)と、必要事項のご相談(経営面・法律面・必要許認可など)
2.状況に応じて学べるコンテンツの設定、各種ツール類の設定ヒアリング
3.都度プラン(下記一覧)の中から、1.65万円分のプランを提供

都度プラン一覧210319


例えば、以下のようなご利用ケースが考えられます。ご活用方法としてのご提案も含まれますので、どうぞご参考としてください。
なお、行政書士として、法律で定められた守秘義務がありますので、新規事業アイデアのご相談もご安心ください。

<事業アイデアがあるが、許認可が必要かどうか、というケース>
1.新規ビジネスの概要を議論、ブラッシュアップ支援
2.許認可の事前調査
3.事業に必要・補足すべきと思われる、学びコンテンツの選択

<法人化は決まっていて、ネットワークと情報がほしい、というケース>
1.法人化に向けた必要事項のご相談、人的ご紹介などの検討
2.法人化・事業開始に向けて、補足・確認しておきたいコンテンツの閲覧設定(例えば、広告手法の動画コンテンツなど)
3.1.65万円分を法人設立手続き費用・設立報酬に充てる

<契約書ひな型を入手して、事業開始に備える、というケース>
1.新規ビジネスの概要を伺い、契約書ひな型を提供
2.事業のブラッシュアップと合わせて、契約書の修正方向性を議論
3.事業開始まで、必要な知識をEラーニングで得ておく

<新規事業を始めるタイミングをはかりたい、というケース>
1.お考えの新規事業に関するビジネスフローとキャッシュフローモデルを確認
2.新規ビジネスの概要を伺い、キャッシュフローシミュレーションを実施
3.事業開始までに必要な知識を社員・フタッフにも習得させておく
※別途法人契約が必要となります。

<許認可グレーゾーンについて確認したい、というケース>
1.新規ビジネスの概要を議論、ブラッシュアップ支援
2.具体的な調査費用を見積もり、1.65万円分を調査費用に充てる
3.事業開始まで、必要な知識をEラーニングで得ておく

その他、事業アイデアのブラッシュアップや、事業開始に向けて何が必要か、など、ご入会時の初回カウンセリングにて、ご相談を賜ります。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 初回カウンセリングの活用方法

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP