この規約(以下「本規約」といいます。)は、行政書士事務所 DIF戦略ライティング(以下「当所」といいます。)が提供するオンライン顧問サービス「顧問団24」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものです。本規約は、本サービスを利用するすべての方に適用されます。本サービスをご利用になる前に、本規約の内容をよくお読みください。本規約に同意されない方は、本サービスを利用することはできません。

第1条(目的及び適用範囲)

  1. 本規約は、本サービスの利用(パソコン、スマートフォンその他の利用端末の種類を問わず、また、ウェブサイト及びアプリケーションを通じた利用を含みます。)に関する条件及び当所と会員との間の権利義務関係を定めることを目的としています。
  2. 本規約は、当所と会員との間で締結される本利用契約の内容を構成します。
  3. 本規約は、本規約に定めるところに従い、会員及びメンバーの双方に適用されます。会員及びメンバーは、本サービスを利用するにあたり、本規約を遵守するものとします。
  4. 個別規定は、本規約の一部を構成するものとし、個別規定が本規約と矛盾抵触する場合には、別途当所が定める場合を除き、当該個別規定が優先されるものとします。
  5. 法人その他の団体に所属する個人が、当該団体を代表して本サービスの利用登録申請又は有料会員登録申請を行った場合、当該個人は、当該団体を代表又は代理して、本規約に同意のうえ当所との間で本利用契約を締結し又は有料会員となる旨の申し込みを行う正当な権限を有するものとみなされます。この場合、当該団体が会員となります。
  6. 本サービスにおいて当所以外の第三者が提供するサービスと提携する場合(以下、提携するサービスを「提携サービス」といいます。)、提携サービスその他当所以外の者が提供するサービス(以下、まとめて「外部サービス」といいます。)については、本規約の規定は適用されません。外部サービスの利用に関する条件等については、当該外部サービスを提供する事業者が別途定める利用規約等をご参照ください。

第2条 (定義)

本利用規約において使用する以下の用語は、以下に定める意味を有するものとします。
(1) 「会員」とは、第4条に基づき当所との間で本利用契約を締結した個人又は団体をいいます。
(2) 「メンバー」とは、当所の定める手続きに従い、会員が自己のアカウントに基づき本サービスを利用させるメンバーとして本サービスに登録した者をいいます。
(3) 「本利用契約」とは、本規約に従い当所と会員との間で締結される本サービスの利用に関する契約をいいます。
(4) 「当所サイト」とは、当所が運営するウェブサイト「顧問団24(https://www.komondan.com/)」をいいます。
(5) 「有料会員」とは、当所が定める方法に従い有料会員登録を行った会員をいいます。
(6) 「無料会員」とは、有料会員以外の会員をいいます。
(7) 「有料サービス」とは、本サービスのうち、有料会員のみが利用できるサービス及び機能をいいます。
(8) 「利用料金」とは、有料サービスの利用の対価として当所が定める一切の料金及び費用をいいます。
(9) 「個別規定」とは、当所が本サービスの利用画面又は当所サイトに掲載し、又は会員にメール等により配信する本サービスに関する個別の規定や追加の規定をいいます。
(10) 「コンテンツ」とは、会員又はメンバーが本サービス又は当所サイト上でアクセスすることができる一切の情報(文章、画像、動画、音声その他のデータを含みますが、これらに限りません。)をいいます。
(11) 「ユーザーコンテンツ」とは、会員又はメンバーが本サービス並びにアップロードし又は送信するコンテンツをいいます。
(12) 「知的財産権」とは、全世界における、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権(翻訳・翻案権及び二次的著作物の利用に関する原著作者の権利を含みます。)その他一切の知的財産権、及びそれらを登録、更新又は延長等の手続を行う権利をいいます。
(13) 「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他の反社会的活動を行う団体又はその構成員をいいます。
(14) 「法令等」とは、法律、政令、通達、規則、条例、裁判所の判決、決定、命令又は強制力のある行政処分、ガイドラインその他の規制の総称をいいます。

第3条 (本規約の変更)

  1. 当所は、以下の場合、本規約を変更することができるものとします。
    (1) 本規約の変更が、会員の一般の利益に適合するとき
    (2) 本規約の変更が、本利用契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、規約変更規定の内容その他の変更にかかる事情に照らして合理的なものであるとき
  2. 前項の場合、当所は、変更後の本規約の効力発生日の4週間前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容とその効力発生日を、当所サイト又は本サービス並びに掲示し又は会員に電子メール等を送信する方法その他当所が適切と判断する方法により通知します。
  3. 本規約の変更に同意しない有料会員は、前項に定める変更の効力発生日の前日までに、本利用契約を解約するものとします。効力発生日までに本利用契約の解約を行わず、本サービスの利用を継続した場合には、当該変更に同意したものとみなされます。
  4. 前二項に定めるほか、当所は、当所が定める方法により会員の同意を得ることにより、本規約を変更することができるものとします。

第4条 (会員登録)

  1. 本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当所の定める情報(以下「登録情報」といいます。)を当所指定の方法で当所に提供することにより、会員登録を申請することができます。
  2. 当所は、当所の基準に従って会員登録の可否を判断し、その結果を登録希望者に通知します。当所が登録を認める旨の通知を行った時点で、会員登録が完了し、当所と当該会員との間で、本規約の諸規定に従ったサービス利用契約(以下「本利用契約」といいます。)が成立します。
  3. 当所は、登録希望者が以下の各号のいずれかに該当し又は該当するおそれがあると当所が判断した場合には、その登録を拒否することができます。なお、会員登録申請が承認されなかったとしても、当所はその理由を開示する義務を負いません。
    (1) 当所に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記入漏れがある場合
    (2) 反社会的勢力に所属し若しくは過去に所属していた場合、その他反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与等がある場合
    (3) 過去に、第15条に基づく利用停止等の措置を受け若しくは本利用契約を解除された場合、本サービスその他当所のサービスの利用登録の拒否ないし取消等の措置を受けた場合、又は当所との契約その他の合意に違反した場合
    (4) 前各号の他当所が定める登録要件を満たさない場合
    (5) その他当所が登録を不適当と認める場合
  4. 本利用契約の有効期間中に会員が前項の各号のいずれか該当した場合、当該会員は直ちに当所に通知しなければならないものとします。
  5. 会員は、登録情報に誤り等があった場合又は変更が生じた場合、当所所定の方法により、当該誤り等若しくは変更を当所に通知し又は本サービス上で自ら修正、変更しなければなりません。

第5条 (アカウント)

  1. 会員及びメンバーは、ID、パスワードその他自己のアカウントに関する情報を、自己の責任において安全に管理・保管し、第三者による不正使用を防止するために必要な措置を講じるものとします。
  2. 会員及びメンバーは、自己のアカウントを第三者に貸与、共有、譲渡、名義変更その他の方法により第三者に使用させてはなりません。
  3. 当所は、IDとパスワードの一致を確認した場合、当該ID及びパスワードの保有者として登録された会員又はメンバーが本サービスを利用したものとみなします。
  4. 会員及びメンバーは、本サービスのアカウントの不正利用若しくは第三者による使用又はそのおそれが判明した場合には、ただちにその旨を当所に通知するとともに、当所からの指示に従うものとします。

第6条 (本サービスの利用)

  1. 会員及びメンバーは、本利用契約の期間中、本サービスの目的の範囲内で、本規約に従って本サービスを利用することができます。
  2. 会員のうち、団体である会員(以下「団体会員」といいます。)は、本規約に規定する本サービス利用にかかる条件(利用料金の支払その他会員のみが負担する義務を除く。)を当該団体所属のメンバーに遵守させる義務を負うものとします。メンバーが本規約の規定に違反した場合、当該違反行為は団体会員による違反行為とみなされ、団体会員が一切の責任を負うものとします。
  3. 会員は、メンバー登録、削除、権限の範囲の設定等、メンバーに関する設定につき、自己の責任においてこれを行うものとします。
  4. 団体会員がメンバーをメンバー登録から削除したとき、および会員が当所に依頼または規約上の削除事項に該当するなどの事由により当該メンバーを当所が削除したときは、当該メンバーは、本サービスを利用することができません。

第7条 (個人情報の取扱い)

当所は、会員及びメンバーに関する個人情報を、当所プライバシーポリシーに従って取扱います。会員及びメンバーは、当所がこのプライバシーポリシーに従って個人情報を取り扱うことに同意するものとします。

第8条 (有料サービス)

  1. 会員は、別途当所の定めるところに従い、利用料金を支払うことにより、有料サービスを利用することができます。有料サービスの内容、利用料金の金額、決済方法その他の事項は、本サービスの画面若しくは当所サイトにおいて表示するとおりとします。
  2. 有料サービスの利用を希望する会員は、当所所定の手続に従い、有料会員登録を申請することができます。当所は、当所の基準に従って有料会員登録の可否を判断し、その結果を登録希望者に通知します。当所が登録を認める旨の通知を行った時点で、有料会員登録が完了します。かかる有料会員登録の判断に関して、第4条第3項を準用します。

第9条 (有料サービスの変更)

  1. 当所は、その裁量により、利用料金の金額、プラン内容、支払方法等を変更する場合があります。この場合、当所は、第3条の規定に従い、変更手続きを行うものとします。
  2. 前項の変更に同意しない有料会員は、変更の効力発生日の前日までに、有料登録を終了して無料会員となり、又は本利用契約を解約するものとします。効力発生日までに有料登録の解除又は本利用契約の解約を行わず、有料サービスの利用を継続した場合には、当該変更に同意したものとみなされます。
  3. 前項のほか、別途当所の定める方法により会員から同意を得ることにより、利用料金の金額、プラン内容、支払方法等を変更する事ができるものとします。

第10条 (利用料金の支払い)

  1. 有料会員は、別途当所の定めるところに従い、当所に対し、利用料金を支払うものとします。
  2. 有料会員が利用料金の支払いを遅滞した場合、有料会員は年10%の割合(年間365日を基準に算出します。)による遅延損害金を当所に支払うものとします。
  3. 当所は、有料サービスその他本サービスの利用に関する支払いの決済及び情報処理に、第三者決済処理サービスを利用する場合があります。当所は、当所の故意又は重過失に起因する場合を除き、第三者決済処理サービスの利用に起因し又は関連する論争、クレーム、訴訟、権利侵害又は損害について一切責任を負いません。

第11条 (有料サービスの利用停止)

  1. 有料会員は、別途当所の定めるところに従い、いつでも、有料サービスの利用停止を申請することができます。
  2. 前項に基づき有料サービスの利用停止の申請がなされたときは、有料会員から当所に対して支払い済みの利用料金に対応する利用期間が終了した時点、または有料サービスの利用停止の申請時に指定した時点で、有料会員登録は終了し、無料会員に切り替わるものとします。当所の故意又は重過失に起因する場合を除き、当該支払い済みの利用料金に対応する利用期間中は、有料会員登録は終了せず、当該期間にかかる利用料金の返金は行いません。

第12条 (禁止事項)

会員及びメンバーは、本サービスの利用に関して、自己又は第三者をして、次の各号の一つに該当する行為を行ってはならないものとします。
(1) 本規約に違反する行為
(2) 法令等に違反する行為
(3) 犯罪行為又はこれに加担し又はこれを助長する行為
(4) 当所又は第三者に対する詐欺又は脅迫行為
(5) 公序良俗に反する行為又はそのおそれのある行為
(6) 反社会的勢力に対する利益供与その他反社会的勢力に関与する行為
(7) 当所又は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害し、又は侵害するおそれのある行為
(8) 当所又は第三者を誹謗中傷する行為
(9) 以下に該当し又は該当すると当所が判断する情報を、本サービス並びにアップロードし又は当所若しくは第三者に送信する行為
①当所又は第三者の名誉又は信用を毀損する表現を含む情報
②暴力的又は残虐な表現を含む情報
③わいせつな表現を含む情報
④差別を助長する表現を含む情報
⑤自殺、自傷行為等又は薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報
⑥フェイクニュース等の虚偽の情報又はその拡散を求める表現
⑦スパム、チェーンメール等の情報の拡散を求める表現
⑧違法な勧誘、宣伝等を含む情報
⑨他人に不快感を与える表現を含む情報
⑩取得、本サービスへのアップロード、又は当所若しくは第三者への送信行為につき適法かつ正当な権利又は許諾を得ていない個人情報その他の情報
⑪違法な方法で入手した情報
⑫コンピュータ・ウィルスその他の有害なコンピュータ・プログラムを含む情報
⑬布教及び宗教の勧誘を目的とする情報
(10) 会員登録又は有料会員登録に際して、虚偽の情報を提供し又は故意に不正確な情報を提供する行為
(11) 第三者に成りすます行為
(12) 他の会員又はメンバーのアカウントを利用する行為
(13) 本サービスを通じて個人を特定できる情報又は他の会員若しくはメンバーのアカウント情報等を収集する行為
(14) 本規約で明示的に認められる場合又は別途当所が認める場合を除き、本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他利用する行為
(15) 本規約において明示的に認められる場合又は別途当所が認める場合を除き、本サービスを商業目的、又は第三者に利益を与える目的で利用する行為
(16) 本サービスの一部を複製、頒布又は不正に開示する行為
(17) 当所のネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
(18) 当所のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし又は不正なアクセスを試みる行為
(19) 本サービス又は当所サイトに関連するプログラムを変更、削除、逆コンパイル、逆アセンブル若しくはリバースエンジニアリングする行為、又はネットワーク監視若しくは検出ソフトウェアを使用し、当所サイトのサイトアーキテクチャを決定する行為
(20) 本サービスのシステムの一貫性や安全性を妨害し若しくは損なう行為、又は本サービスを実行しているサーバーへの発信若しくは当該サーバーからの発信を解読することを試みる行為
(21) 本サービスの運営を妨害する行為
(22) 当所の信用を毀損し又はそのおそれのある行為
(23) 当所又は第三者に損害等を与える行為
(24) 前各号に準じる行為
(25) 前各号の行為を直接又は間接に惹起し又は容易にする行為
(26) その他当所が不適切と判断する行為

第13条 (本サービスの変更、一時停止及び中断)

  1. 当所は、当所の裁量により、会員及びメンバーに事前に通知することなく、いつでも、本サービスの内容の全部又は一部を変更、修正又は追加する権利を留保するものとします。
  2. 当所は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知のうえ、本サービスの全部又は一部の提供を一時的に停止又は中断することができるものとします。ただし、緊急の場合その他事前の通知が困難な場合には、事後に通知するものとします。
    (1) 本サービスに関わるハードウェア、ソフトウェア、通信機器その他関連する機器若しくはシステムの点検又は保守作業を定期的に又は緊急に行う場合
    (2) コンピューター若しくは通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング、その他予期せぬ要因により本サービスの提供が困難となった場合
    (3) 本サービスに関するセキュリティ上の問題が生じた場合
    (4) 天災地変、戦争、戦争のおそれ、封鎖、通商停止、革命、暴動、伝染病若しくはその他の疫病、物資若しくは施設の破壊若しくは損傷、火災、台風、地震、洪水、その他当所の支配を超える事由(以下「不可抗力」といいます。)
    (5) 法令等又はこれらに基づく措置により本サービスの運営が困難となった場合
    (6) 本サービスと連携する外部サービスに、トラブル、サービス提供の中断又は停止、本サービスとの連携の停止、仕様変更等が生じた場合
    (7) その他前各号に準じる理由により当所が必要と判断した場合

第14条 (会員による解約)

  1. 会員は、当所所定の方法で当所に通知することにより、本利用契約を解約することができます。この場合、会員及びメンバーは、当所の定める解約の効力発生時点から本サービスを利用できなくなるものとします。
  2. 既に当所に対して支払済みの利用料金に対応する有料サービスの利用期間中は、本利用契約は終了せず、当該利用期間が終了した時点で本利用契約解約の効力が発生し、本利用契約が終了するものとします。当所の故意又は重過失に起因する場合を除き、当該支払い済みの利用料金に対応する利用期間中は、本サービス及び有料会員登録は終了せず、当該期間にかかる利用料金の返金は行いません。
  3. 会員又はメンバーは、本利用契約が終了した場合であっても、本規約に基づきすでに発生している一切の義務及び責任から解放されるものではありません。

第15条 (利用停止等及び契約解除)

  1. 会員又はメンバーが以下の各号のいずれかの事由に該当すると当所が判断した場合、当所は、事前に通知することなく、当該会員若しくはメンバーによる本サービスの利用を一時的に停止若しくは制限し、又は当該会員若しくはメンバーが本サービスに関して提供した情報の全部若しくは一部を削除することができるものとします(以下、総称して「利用停止等」といいます。)。
    (1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    (2) 第4条第3項各号の登録拒否事由のいずれかに該当した場合
    (3) 有料サービスの利用料金その他本利用契約に基づく支払いを期日に行わず、当所の催促から7日以内に支払遅延を解消しない場合
    (4) 本サービスに関する不正な支払いが判明した場合
    (5) 前各号に準ずる事態が生じたと当所が判断した場合
  2. 会員又はメンバーが以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、当所は、会員に通知の上、ただちに本利用契約を解除することができます。
    (1) 前項各号のいずれかに該当した場合
    (2) 第21条(権利義務の譲渡禁止)に違反した場合
    (3) 会員が支払停止若しくは支払不能となった場合
    (4) 会員について破産、民事再生、会社更生、特別清算、又はこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    (5) 会員について解散又は清算の手続開始が決議又は決定された場合
    (6) 個人である会員が死亡した場合

第16条 (知的財産権等)

  1. 本規約に明示的に規定されている場合を除き、本サービス並びに本サービス及び本利用契約に関連して当所がメンバーに提供した一切のコンテンツに関する知的財産権その他一切の権利及び権限は、当所又は当所に使用を許諾する者に帰属します。本利用契約の締結又は本サービスの利用の許諾は、会員又はメンバーに対する本サービスに関する知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
  2. ユーザーコンテンツにかかる知的財産権は、当該コンテンツをアップロードし又は送信した会員若しくはメンバー又はこれらの者に利用を許諾する者に帰属し、留保されます。ただし、会員又はメンバーは、本利用契約において、当所に対し、当所の事業運営に必要な目的の範囲内で、ユーザーコンテンツを利用(複製、公衆送信、貸与、改変、翻訳、翻案、サブライセンス又は二次的著作物の利用を含むがこれらに限られません。)する権利を許諾するものとします。
  3. 会員又はメンバーは、前項に基づく当所のユーザーコンテンツの使用について、著作者人格権を含む知的財産権その他の権利を当所に対し行使しないことにつき、ここに同意するものとします。

第17条 (非保証)

  1. 当所は、当所が別途明示的に表明する場合を除き、明示又は黙示を問わず、本サービス及び当所が提供するコンテンツに関し、特定目的への適合性、会員又はメンバーが期待する利益、機能性、商品性、有用性、互換性、完全性、正確性、連続性、信頼性、実用性、可用性、アクセシビリティ、適法性、並びに、セキュリティ上の欠陥、エラー、バグ、ウイルス、その他の欠陥の不存在について、何ら保証するものではありません。
  2. 当所は、明示又は黙示を問わず、本サービスを通じて提供されるユーザーコンテンツその他の当所以外の第三者が提供する情報に関し、完全性、正確性、信頼性、有用性、適法性について、何ら保証するものではありません。
  3. 当所は、当所が別途明示的に表明する場合を除き、明示又は黙示を問わず、登録情報、ユーザーコンテンツその他会員又はメンバーから提供されたいかなる情報又はデータについても、バックアップする義務を負うものではありません。会員又はメンバーは、ご自身の責任において、すべての情報又はデータのバックアップを取るものとします。
  4. 当所は、本サービスと連携する外部サービスの提供者である第三者が提供するサービス、情報、個人情報の管理等について一切の責任を負いません。
  5. 会員及びメンバーは、本サービスの利用に関連して他第三者との間で生じた取引、連絡、紛争等については、自己の費用負担と責任において対応及び解決するものとします。

第18条 (損害賠償責任等)

  1. 会員若しくはメンバーによる本規約に違反する行為又は本サービス若しくは本規約に関連して会員若しくはメンバーの責めに帰すべき事由により、当所又は第三者に損害又は損失が生じたときは、会員は、その一切の損害又は損失につき賠償又は補償する義務を負うものとします。
  2. 当所は、本サービス若しくは本規約に関連して、以下の各号の事由に起因して会員又はメンバーに生じた損害又は損失につき、当所の故意又は重過失に基づく場合を除き、一切の責任を負いません。
    (1) 会員又はメンバーが当所に提供した登録情報の虚偽、誤り、脱落又は変更漏れ
    (2) 会員又はメンバーによるID又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等
    (3) メンバー登録、削除、権限の範囲の設定その他メンバーに関する設定
    (4) 本サービスにおいて当所又は第三者から提供又はアップロードされたコンテンツの内容
    (5) 本サービスのセキュリティ上の欠陥、エラー、バグ、ウイルス、その他の欠陥
    (6) 第13条に基づく本サービス等の提供の一時的停止又は中断
    (7) 第15条に基づく利用停止等の措置又は本利用契約の解除
    (8) 登録情報、ユーザーコンテンツその他本サービス並びにアップロードされ又は提供された情報又はデータの毀損又は滅失
    (9) 本サービスの利用に関連して会員又はメンバーと第三者との間で生じた取引、連絡、紛争等
    (10) その他本サービス若しくは本規約に起因し又は関連する事由
  3. いかなる場合であっても、本サービス又は本規約に関連して会員又はメンバーに損害が生じた場合であって、当所が会員又はメンバーに対し契約上又は不法行為上その他理由の如何を問わず責任を負う場合における当所の責任の総額は、当所の故意又は重過失に基づく場合を除き、かかる損害を引き起こした事由の直近1ヶ月間に本利用契約に基づき当該会員から当所が実際に受領した利用料金の合計金額を超えないものとします。

第19条 (通知・連絡)

  1. 当所は、本サービス又は当所ウェブサイトへの掲載、電子メール、その他当所が定める方法により、会員又はメンバーに対して、本サービスに関する当所からの通知その他の連絡を行うことができるものとします。
  2. 会員及びメンバーは、本規約に別段の定めがある場合を除き、原則として、本サービスに関連する当所への通知、問い合わせその他の連絡を、本サービスの画面又は会員が当所に通知したアドレスを使用した電子メールを通じて行うものとします。

第20条 (秘密保持義務)

  1. 会員及びメンバーは、本サービス又は本規約に関連して当所が秘密と指定して開示した一切の情報(以下、総称して「秘密情報」といいます。)を秘密に保持し、保護しなければならないものとします。
  2. 会員及びメンバーは、本サービスの使用又は本利用契約上の義務の履行のみを目的として秘密情報を利用できるものとし、当所の事前の書面による承諾なく秘密情報を第三者に開示してはなりません。

第21条 (権利義務の譲渡禁止)

会員は、当所の事前の書面による承諾なく、本利用契約上の地位又は本利用契約に基づく権利若しくは義務を、第三者に譲渡、移転(合併若しくは会社分割による場合を含みます。)、担保設定し又はその他の処分をしてはなりません。

第22条 (分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定又は部分は、継続して完全に効力を有するものとし、当所及びメンバーは、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

第23条 (存続条項)

第18条から第24条の規定及び条項の性質に鑑み当然に存続すべき規定は、本利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

第24条 (準拠法及び管轄)

  1. 本利用契約は、日本法に準拠し、かつ、これに従って解釈されるものとします。
  2. 本規約又は本サービスの利用に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

令和3年3月3日制定

書籍ダイジェストサービスSERENDIP 利用規約
https://www.serendip.site/service-agreement

書籍ダイジェストサービスSERENDIP 個人情報の取り扱いについて
https://www.serendip.site/privacy-policy/

顧問団24 Eラーニング 利用規約
https://www.komondan.com/lmsterms/

TOP
TOP